ponta日記

・主婦カウンセラーの日常・・・は?

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

バレエ小考
2023/01/14

お家でバレエも続いている。

相変わらず、ロイヤルバレエ団の動画のバーレッスンの部分とセンターの2つくらい(その後は難し過ぎてできない)をやっている。2022年版がアップされて喜んでいたら、あっという間に見れなくなっていて、ショックだった…が…まあ、仕方がない。

で、先日のピアノと、バレエも同じで、面倒くさいと思うし、やらなくちゃと思うもあり、これも実はやりたーーーいという日はほぼない。週に2日動くときもあるし、10日に1回のときもある。それでも続いている。

で、動くということ。レッスンに通っていたころに比べれば、動く、という事自体の力は完全に落ちている。しかし、今は、ピアノ(ここで使われている曲がクラシックの曲をアレンジしたものが結構ありそれを知るのもおもしろい)に合わせて動いているときに、若かった時には感じられず、知らなかった、自分をほどくように解放していくことが感じられるようになった。これも、そういう意味では、今のほうがぜんぜんバレエ的だと思う。感性としては。ただ、身体がついていかない。

バレエは、私が今までの人生の中でつらい日を送っていたころにやっていたものなので、動いているとき、何かの拍子で、そのときのつらさを思いだすのである。あのときに住んでいた街や部屋や、バレエのレッスンに通う道や、レッスン後に感じるなんともいえない不安定感。その思い出がバレエにはあって、今もそれを古い写真を見るように思い出す。

しかし、だからと言ってそんなことを思い出させるバレエが嫌なのではない。かといって好きというのもなんか違う。それでも続いているのである。うーーーん、わからない、と思いながらも動いている66歳。

この在り方はピアノと全く同じだ。

で、プロでも何でもない私が気づいたことは、ピアノもバレエもきれいな形あるものではないということだ。こういうもの、というものではないという意味づけを持った。

今の私の感性が、そこから感じる開放感や、小さな美しさは自分が最も大事にしたいものなのだ。それは、ピアノとバレエだけから受け取るものではなく、好きな本を読んでいるときや、好きな絵をみているときや、好きな曲を聞いているときや、鉢植えに水をやっているときや、掃除をしているときや、器をながめているときや、動物に接しているときや(今一番欲しいのはこれ)道場のクラスや。何もない日々の中にもちりばめられている。それが、自分の感情・感覚を解放する。

ほどいて、かたまらせないで、決めないで、表現して、もしくは表現したものをそこに見つけて、流れるように、たおやかに、混沌として、そこに居続けないで。そう生きることが私の幸せだと近頃思う。幸せだと思うと、そうやって生きたかったんだとわかる。幸せは、ずっと自分が望んでいたものを知ることかも。

感性は若い頃よりも全然よくなっている分、身体的な力は減っている。ここでも自然に与えられるものと手放していくものとがバランスをとるために「私」により(もしかしたらもっと上から)行われている。

愛ゆえの
2023/01/13

本当の「私」がセッティングしている。「私」自身にとって必要なことを「私」が…ということはよく言っていることです。

もちろん「私」は意地悪でそうしているわけではありません。「私」という魂が命が、よりよく生き、よりよいものを周りに(もしくは全く知らない人に、所に)流していかれるように。そうしていくことで、自分が少しずつ愛の人へ近づいていきたいから。そのようになっています。

だから苦しむのも愛ゆえ、悲しむのも愛ゆえ、憎しみを持つのも愛ゆえ、なんです。そういう感情が湧き出るようなセッティングをしているということです。お互いに。

そして、そのセッティングされたもの(自分でつくっているんですから)に対して、自分が何を選び(カードは選び放題)どんな実践をするのか、というところが人の自由意思というものだと私は思っています。

よくスピ系で人には自由意思はない、と言われますが、黒パターンが持つ意思は思うようにいかず、セッティングという思いもよらない展開とか、出来事とかに右往左往させられてしまう、という視点からの話だと理解しています。自由意思はある。それは自分のこれからに視点をあてている。そして、大きな目でみれば、それは他のためのものになるということです。

全て(どんなセッティングも)たどりつくところは他のため…というところなんだと思います。人って自分のことよりも他のために在るときに最も輝き、最もうれしいのだと思います。そういうふうに創られているのだと思います。そんな、素晴らしい自分を今日も大切に。

今年の課題のひとつ
2023/01/12

今年の道場の課題(のひとつ)は、何度か出ている「黒パターン王を溶かす」というものです。

根を深く、広く、しっかりと張った大木のイメージの黒パターン王です。溶かすといってもパターンを完全に消すことはできないし、消さなくていいものなのですが、そこに手を入れていきたいです。

この黒パターン王は「全てを自分の思い通りにしたい」というもので、思い通りにいかないと、それにまつわる枝葉になるような小さなパターンをつけていきます。又、黒パターン王には、私は正しい、私はできている、私は特別、など自分への執着も強くあります。他だけではなく、自分のことも思い通りにしたいものです。

この強く、皆がずっと長い間持ってきた黒パターン王(それも大きくしながら)を溶かす(緩和させる)ことができたらと思っています。まず、この黒パターン王がない人はいません。もちろん私もです。何かに引っかかるのを見てみると、私もやはりこれです。思い通りになっていないことに腹が立ったり、憂鬱になったりしているのです。

小さな枝葉になっているパターンのケアも大事ではありますが、大元はここです。

そして、皆、わかっているんだと思います。思い通りにしたい、が、働かなくなれば、おだやかに、すっきりといられるんだろうなあ…と。このことには気づいているし、そのイメージもできているのだと思います。ということはそちらへ動くことができるということです。

そのイメージをほんわりと(しっかりとじゃなく)持っていってください。黒パターン王の大木がちょっとスリムになり、その中で熱を持っている、私は正しい、私はできている、私は特別などの想いもそれにつられて鎮火していくようなイメージです。あまりに熱いようならそこに水をかけてみるのもいいと思います。

時間はかかると思います。誰もが何度も繰り返してきた過去世から育ててきてしまったものなので。でも、今世、このことに気づいているということは、やり時なんだと思います。気づく、ということだけでも大したことなんです。

今年は、ここに焦点をあてながらやっていきたいと思っています。

ピアノ小考
2023/01/11

ピアノは続いている。

で、ずっと練習してきた曲は、やっと自分を解放していることを感じながら弾けるところにまできた。しかし、間違えなく弾けた、と思うと次の日は間違える。そして、その間違え方も一瞬にして頭の中が真っ白になって、ぼろぼろになるような間違え方でがっかりする。

で、憧れの曲、ベートーベンの「悲愴」第二楽章。楽譜はずいぶん前に買った。シンプルなメロディーだからいけるだろうとやる気まんまんだったがものすごーーく甘かった。右手と左手が混みあっていて、あれ?これってどっちの手が弾くの?と思う。

そういえば、稲垣えみ子さんの著書「老後とピアノ」にもこの曲について、右手が弾くのか、左手が弾くのかわからないのでじっと手を見ると…『「どちらの手もオレじゃねーよ」と、ブンブン首を振っております。』と書いてあった。

おまけに私は手が小さいので、指がちぎれそうになりながら、鍵盤の角に指をひっかけるようにして弾く(というか音を出す)状態だ。それで「悲愴」はあきらめ、今は他のものを練習している。

ピアノを練習をする、というこの行為。面倒くさーーい、と思うし、やらなくちゃいけないと思う日もある。実は弾きたーーーいという日は・・・・ほとんどない。それなのに続いている。ピアノを弾くことが楽しいというのもちと違う(かといって嫌ではない)。

練習時間も10分の日もあれば1時間半くらいの日もある。3日くらい連日で弾くときもあれば1週間に2日だけというときもある。今やらねばならないことが優先されるからだ。

それでも、(自称)ピアノに触り、その音を聞き、指が少しずつ動くようになり(と言ってもまだまだだけど)曲らしくなっていくうちに、いろんなことを思い出すのである。

子供の頃のこと、自分が本当に好きだったこと、家族のこと、風景、言葉など。それは昔のことなので記憶もあいまいであったり、かすかなことなのだが。

その昔の自分(子供の頃の)そこに私の真髄があって、大人になってしまった自分はそれが見えなくなってしまっているんじゃないかと思う。私の真髄が本当にやりたい事って何なんだろう、と、ピアノを弾きながら思う66歳。そのヒントが、いい感じで弾けているその瞬間にあるように思える。それを思い出せと言われているような気がする。そして、それをこれからの残された時間でやれと言われているような気がする。

その瞬間が尊くて、そこから引き出される真髄に戻りたくて、ピアノを弾いているんだろうと思う…が…それも確かでもないかもしれない。

メロディーや和音の美しさに浸ることの喜びは確かにある。それは若いときには感じられず、知らなかったものだ。そういう意味では今のほうがぜんぜん音楽的だと思う。そして、それが、自分が一番大事にしたいものなんだということは確信している。

こうして、ぼちぼちと続いているピアノ。巨匠たちの弾く、これまた大作曲家たちのピアノ曲を聞きながらいられることはとても嬉しい。この時代の日本に生まれて本当によかった。

そこに人生の醍醐味がある
2023/01/10

今、自分(あなた)はいいようにいっている…と言われても、いや、いや、私、こんなに問題だらけです…と思われるかもしれません。

しかし、今、自分はいいようにいっているんです。誰でも。

いいようにというのは、何にも問題がない状態のことを言っているのではなく、今のこの状態から何かを学び、今を変えていくために必要なことが起きている、与えられているということです。そういう意味で、今、自分はいいようにいっている、です。

「今、私は学んでいる」という言葉も同じです。この言葉、どこで知ったのか(ストア派の本に書いてあったのかなあ)覚えていないのですが、初めてこの言葉を知ったとき、まさに、その通りだと思いました。

そして確かこの言葉には続きがあり「そして、相手も(他人も)今、学んでいる」というものです。自分が嫌な思いをしたり、問題をかかえることになってしまったとき「今、私は学んでいる。そして(自分にこうした)あの人も今学んでいる」という視点を持つことで、2人に起きていることがクリアにわかるのではないかと思います。

先ほどの言葉もこの言葉も「学び」というものがあります。「学び」は何からでも学ぼうとする姿勢そのものです。楽しいことからも、楽しくないことからも、よいことからも、よくないことからも。

楽しく、よいことはその状態自体に満足するので、そこからわざわざ学ぼうとすることはしないかもしれませんが、そういうときこそそこから何を学ぶかです。

楽しく、よいことという陽の部分にいるときこそ、そこにある陰の小さな黒い丸をみつけられたら、これはもう哲人の域だと思います。

人は学び続けたいものなんだと思います。そうして進んでいきたいものなんだと。そこに人生の醍醐味があるからです。

万遍なく学んでいくためには、楽しいこと、快だけではだめだし、楽しくないこと、不快だけでもだめです。いつでも、今、自分はいいようにいっている、今、自分は学んでいる、と思ってみてください。

これが普通
2023/01/08

「語りかけをして、白黒ワークをして、白を選んで、行動しているのに、やっぱり黒パターンに飲み込まれてしまう」ということを時々聞きます。

この話からすると、黒パターンに飲み込まれてしまうことが間違っていると思っているのだと思います。しかし、それが違うんです。

黒パターンにのみこまれていいんです。のみこまれなくなることを目指しているのではなくて、のみこまれていいことを赦すことを目指しているんです。ここを間違えると、きっと、まだひっかかる、またひっかかった、これを超えたい、もう、それは卒業していい、ということになると思います。

パターンなのだからいいんです。どんな感情を出そうと、感覚を出そうと。「私」はそれをあるがままに見ていて、パターンが苦しそうだから語りかけをし、そのパターンを片手に抱きながら、これから先のことを思って(バランスをとるために)白黒ワークを通して白パターンを選ぶということをしています。

ですから、白パターンを選んでいるときにも、その傍らには黒パターンがもれなくいて、何かがあればそこから感情も感覚も今まで通りに生まれてくるんです。皆が、そういうふうにできているの。顔に目や口や鼻があるようにです。

ただ、それがイヤだというパターン、それはレベルが低いというパターン、そんな自分ではいやだというパターンがいるということです。

そもそもあるものをどうしてそんなに嫌うのか。多分そのパターンの生み出すネガティブな感情が苦しいからでしょう。でも、それは「私」」が感じているのではなく、あくまでもパターンが感じていることです。

そして、成長した人(ミームが上がれば)はこのようにパターンで苦しむことはないはずと、これも黒パターンが思っているのでしょう。そうです、確かに、成長した人(ミームが上がれば)はパターンで苦しむことはほとんどなくなります。ただそれは黒パターンにひっかからないからではなく、黒パターンが生み出す感情とも感覚とも一緒にいることが普通になっているからです。

・・・・・これが普通。そして私たちは普通の人。・・・・・

パターンにひっかかるからこそ今パターンが動いているとわかって、それでいい(それが当たり前)と思っているからです(ただ、その後をどうするのかというところは問われます)目指しているところがどこなのか、を、時々チェックしてみるといいかもしれません。

いいね
2023/01/07

昨日の続きです。

あちらに自分の夢や望みや目標に対して「いいね」と言ってもらうためにはどうすればいいのか?という話ですが。

簡単に言ってしまえば「正しく生きる」ということです。それは、その夢や望みや目標が正しいものなのかどうかということよりも(と言うのも、今の自分が正しいと思っていることは自分にはそうであるから)自分が正しく生きているのかどうか、というところのほうが影響すると思います。

で、正しくってどういうことなのか?というところなんですが。一般的に言うと(意味づけ)としては、ルールやマナーを守る、盗みをしない、騙さない、人をいじめたりバカにしない、動植物をいじめない、他人を自分のために使わない、他人のためになることをする、寄付をする、助ける、自分を律して生きる、お祈りや瞑想をする、健全に生きる、真面目に働く、などがあるかもしれません。

私は、正しく生きるってその人が自分の心の中のアンバランスな部分のバランスをとることに向き合って努力して生きていることだと思っています。

例えば、Noと言えない人が勇気をもってNoと言うことをやっている、言いたいことをぐっとこらえることでバランスを取ることになる人もいる、欲張らない努力でバランスを取る人もいるし、逃げる勇気を持つことでバランスを取ることになる人もいる、逆に逃げないことでバランスが取れる人もいる…というように一人一人違います。

バランスをとるためには、きっと誰もが自分の苦手なところを勇気をもって行っていると思います。そうやって自分がすべきことをする人が正しく生きていると言えると思う。

そして、バランスが取れているから、その夢や望みや目標は上にまっすぐのびて、あちらに沿うものとして届くような気がします。バランスのとれたものは自他にとってよいものなんだと思うんです。それはwin-winというものではなくて、自分のバランスへの努力がどこかの誰かのためになる(そこは本人にはわからないようにしてあちらが配分する)というようなものなのかも。

「まず、自分の心に天国を創りなさい」と言う言葉もこういうことなのだと思います。こうして自分の努力で自分の心をバランスよくしていく。まあるく、きれいな心にしていく。それで生きる。それをあちらは見守ってくれていると思います。そして「いいね」と言い、それを成就させたり、継続させたり、全く違う方法で、その人の想いを現してくれたりするのだと思います。

やっぱり、自分ひとりで生きているのではない、ととても思います。

皆、与えられている
2023/01/06

必要なものごとは皆与えられているということ。

一般的には、自分で頑張り続けて、自分が必要とするものごと(夢とか望みとか目標とか)を手に入れていると思っていますが、その部分は、表層的なそれです。表層的ということは心と同じで、きっと起きていることの10%から20%くらいでしかないと思うんです。ほとんどは認識できないところです。

今はまだ、宇宙の解明も、脳の解明も、ほとんどの部分は未解明です。そして、これらがほぼ同じ位の未解明さであるというところも不思議です。もしかしたら、全て連動して解明されていくものなのかもしれません。そうだとしたらそこにも何かが働きかけているのかも。

で、自分の力で手に入れた、と思っているもの(…という表層的な見方しか人はできないので)は、実は、あちらが決めていると私は思っています。自分の体験からそうできているんじゃないだろうか、と思わざるを得ないです。

祈りの言葉に「もし、これ(自分の夢や望みや目標)が正しきことであるならばそれを成させてください」というものがあります。もしくは「もし、これが神のご意思にそうものであるならば・・・」というものです。これは、自分はこうしていきたい、これをやりたいという自分の表層的な意思がありながら、それを一度天に上げて、そちらで決めてくださいというものです。この祈りには、そんなシステムへの理解があるのではないかと思います。

そして、天が認めるものであれば、それは行うこととなり、その人にあった分量(過不足なく)で与えられていく。そうではないものはどんなに表層的な部分で頑張っても、成せなかったり、継続できなかったりする、というからくりが、未解明な部分にあるんじゃないかと思うんです。

よく、潜在意識にアクセスしてなりたい自分になる、とかってありますが、こういうことなのかもしれません(本来は)ただ、そこも自分の立ち位置で関わってくるので、表層的になりたい自分になるためにそこを使うなのか、あちらに決めてもらうシステムなのでそれにそうなのか、で違いは出てきます。

で、必要なものごとは皆与えられている、というのは、自分で気づいていないけれど、あちらが決めて、与えられているということが実は、今も起きているんじゃないの?ということです。今の自分に合ったものを、成長のために必要なものごとを、ちゃんと与えられているのではないだろうかと思います。

未解明であるものに囲まれて生きているのが私たち。

実はとても豊かなこと
2023/01/05

「でも、それって時間がかかるんでしょう?」とよく言われた、ということを思い出しました。

ここでの「それ」というのは「魂の道場」での学びのことです。「そうですね、時間はかかります。でも、短時間で学んだことや、即効性のあるものにはリバウンドがつきものですが、時間をかけて学んだものは、定着していきます。何故ならば…」と話していた(ほとんど理解はされなかったけれど)

あらゆることがめまぐるしく変化し続けている社会にあって、そして、それに動かされて生きている人達にとって、ここでの学びは逆行するようなもののように感じられると思います。

結果を受け取るまでにも時間がかかるし、だいたい、その結果自体も「私」にとってのそれなので、本人にしかわからない(いや、本人もあまりわかってないかも)ささいなものであったりします。心の中に小さな灯が生まれるような。パターンが喜ぶ自他にわかりやすい結果ではない。

そんな学びに、どんな意味があるのか、それを知ってどんな得することがあるのか、そして、確実に結果を手にすることができると保証されているのか、そんなことに時間を使うのはもったいない…と思うと思う。

そういう人たちに、その人たちを納得させるようなことは言えません。人は自分が納得できて、信じられるものを選択していいからです。私もそうであるように、その人にとってのそれを選んでいいということです・・・・ということがあるとき腑に落ちて納得できたときから、もう、このような話を、相手が望まない限りは話さなくなりました。

こういうことを何度も何度も相手が納得するまで話続けなくても、これを必要としている魂の人達は、何かを感じて、学ぶことを自分で決めます。そこで得るものは、最初に思い描いていたそれとは違うそれ、でも、何か自分でもはっきりしないけれど、自分の内で何かが変わっていっているのを感じている…というまさに根拠なしのものです。

多くの人が自分の納得できる根拠のあるものしか認めず、受け入れない中にありながら、こういうことに時間をかけているということは実はとても豊かなことだと近頃思います。そして、その豊かさはお金を出して買えるものではありません。

悠久の時の中にいつも存在している「それ」。自己主張せずに、ただただ存在し続けている「それ」。それに気付き、それに触れられることへの喜びは「私」が望み続けていることなのだと思います。それがあれば生きられるというもの。一番自分の味方になってくれるもの。

普通の日
2023/01/04

三が日も過ぎ、今日は4日。普通の日となりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はどんな年になるのでしょうか。それぞれが、現実に向き合いながら、その時その時で適切に行動すること、と、その現実の中にありながら自分がどんな心で(どの領域で)生きるかを選択してそこにいること、この2つをいつも同時に持っていきましょう。

本来、人の持っている正しさで生きていけば、いいあんばいに動いていきます。いつもパイプに守られているので、そのパイプをきれいにしていくこともやり続けてください。

そして、自分の外と内に起きた出来事について、新な意味づけをしていくことが自分を助けてくれると思います。

そして、その体験ができた方は、今いるところで、ぜひ周りにいる方達を助けることへも少しずつ目を向けていってあげてください。これからは、誰かをサポートするということが必要なことになると思います。自分が学んだことは、自分と自分の家族だけのために使うだけではなく、誰かのために使われることでその働きに命が宿るような気がします。

2023年を力強く、おおらかに生きていきたいです。

私は、30日は「こまめ」にてお正月準備、大晦日に氏神様へのお礼参拝(誰もいないので大変よい)年末に「SASUKE」を見て(サスケ君のファン)、1日は「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」を楽しみ、2日、3日は「駅伝」で過ごす、というTV三昧でした。氏神様への新年のご挨拶は、人がいなくなったころに伺う予定です…と例年通りの年末年始でした。

こうして年末年始、と言ってはいるものの、魂には、そこの区切りはもちろんなく、パターンにひっかかったり、色々と考えたり、今年のこれからを思ったり、と、普通の日と全く同じであることも感じられる今回のそれでした。

ただただ、今しかないということを思います。すでにスタートしている今年です。今年も積極的に波に乗っていきましょう。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -