ponta日記

・主婦カウンセラーの日常・・・は?

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

見る側の視点
2021/09/30

映画「マスカレード・ナイト」を見ました。

木村拓哉さん主演の映画です。で、やはり木村拓哉さんでした。

以前TVで「自分は何の役をやってもキムタクと言われる」とご本人が(少々憂鬱っぽく)話していたのを見たことがありましたが、今回の映画で、なんとなく、それがわかったような気がしました。

それは木村拓哉さんには、俳優としての技量がないとか、やっぱりアイドルのキムタクの域を超えられない、とかということではなくて、あのSMAPの木村拓哉さんの印象が見る側に強く残っているのだと思います。

だから、歩くときも、走るときも、タンゴを踊るシーンも、ひとつひとつのしぐさにも、あの、木村拓哉さんをだぶって見てしまっていたのだと思いました。

渥美清さんが、寅さん役で、あまりにその印象が残ったことで、その後、渥美清さんが他の役で出演していても「寅さんが出ている」と見えてしまうような感じです。

あと、私には、レオナルド・ディカプリオは今でも「タイタニック」でのあの役柄がだぶって見えてしまいます。もうすでにおじさんとなったディカプリオなのに、時には、極悪人の役柄でもあるのに、なぜだか、ディカプリオはタイタニックでのあの爽やかなジャック・ドーソンなのです。

このように、演じる側のことだけではなく、見る側の視点で、その主演や脚本を見て、色々と評価されてしまっているのが現実だと「マスカレード・ナイト」を見て思いました。

これはあらゆることがそうだと思います。で、人は、これはこういうものだ、と無意識で決めていたり、期待しているので、そうではないものを感じると「あれは、たいしたことない」と評価します。しかし、そこには自分の決めつけや期待があるのではないか?と、自分を見ていくと、また違ったものごとをそこから受け取れるようになると思います。

そういえば、木村拓哉さん主演の「武士の一分」という映画がありました。あの映画の木村さんは木村拓哉さんではなかった、と思いだしました。そこには木村拓哉さんが消えた木村さん演じる主人公が存在していたなあと。そうであるとよりその世界へ没頭できます(いい映画でした)

この違いはなんだったのか。「武士の一分」は時代劇で「マスカレード・ナイト」は現代劇だったから?いや、それではない何かが私の中にあるのです。それはこれから考えてみようと思います。

今日は、茅ヶ崎グループのセミナーです。関東は台風が接近中。今日は大丈夫そうですが、明日がどうなのかまだわからずです・・・が・・・まずは今日1日、楽しく学んでいただきたいです。

自分で生み出すところへシフト
2021/09/29

昨日書いた「自分で生み出すところへシフト」ということについて。

これってどういうことだろう?ということですが。何でも自分の思い通りの物事を、現実化させていくということのように思うかもしれません。確かにそこをねらっていくという領域もあります。いわゆるひきよせというものです。

領域については、何度も言ってますが、それが良いとか悪いとかレベルが高いとか低いとかではなくて、その特徴を持っている領域ということです。

で、私が言いたかった「自分で生み出すところへシフト」というのは、このようなひきよせのことではありません。

長い時間をかけて、私が学んできたこととして、自分で生み出すというのは、今までとは違う物事の在り方を自分で創造していくということです。

創造するためには、選択をしなくてはなりません。今までのように慣れたことや、今までの知識、今までの体験をもとにしてこれからのことを選択しても何も変わりません。となると、新な選択が必要になります。

そして、新な選択とは目に見えている部分(言動や状態)を新にするということではなく、まずは、意識ありき、心ありきなので、自分の心の中で、今自分に起きていること、周りで起きていることに対して、新しいどんな在り方を選ぶのかということになります。それが決まって、選択するということができて、行動し、結果(といっても、現実化よりも、心の充実のほうが多いかも)が与えられます。

それには、すっきり感が伴います。自分への信頼や、自分への誇り、喜びも感じられると思います。

で、気づいたんですが、この時点においては、あまり、やすらぎとか、安堵感とか、平和な感じとか、おだやかさとか、広さとか、明るさとか、白パターンを選んでいるときに感じられる類のものは伴わない気がします(全くないわけではないと思います。あくまでも私は…です)

その在り方が「自分で生み出すところ」です。ここへ少しずつシフトしていくということ。これもまた少しずつなんですが。一気にいかないです。でも、だからこそ、無理なく、自分の心身に馴染んでいってくれるのだと思います。

在り方が変わっていく、より、善い質のものへ…と人の魂は動きたいのだと、皆さんとお会いしていて、もちろん自分も含めてとても思います。魂はすでに知っているんだと思います。

天が認める在り方
2021/09/28

30代の初めのころ、友人からある宗教団体への入会を勧められたことがありました(当時、私はぼろぼろの日々でしたので)

「ぜひ、あなたには入会してもらいたい」と言われました。「どうして?」と聞いてみたら「救われるの。苦しさや今の問題から。それから、いろんなことを優先してもらえるのよ。例えば病院がいっぱいで入院できないときも、優先して入れてもらえるの。困ったときも人脈がすごいので助けてくれるし」ということでした。

楽にはなりたかったけれど結局お断りしました。で、それからずいぶん経ってから、霊能者の先生が「皆さん知っている、大きな宗教団体(私が勧誘されたところ)がありますよね、それは皆さんからみたら、何か違う気がすると思うかもしれませんが、今まで信仰とは全く無縁なところで生きてきた人達が、問題や悩みをかかえて、初めて目に見えないものへ気持ちを向けていくのに、あそこはちょうどいいところなんです。だからあれは違う、必要ないということではないのです」と話しをしていました。

で、そのときに思ったんです。そうであればそこにご利益(優先して入院できる、助けてくれる)は必要だろうと。信仰(真理の探究)に入るのには、まずそれがなければ人ってやらないだろうと。だから、それはそれでいいという事なんだ…と思いました。

そして今もそれはそう思っています(担当分野があるということです)

私は、宗教団体に入会しませんでしたが、スピリチュアルに傾倒していたときがあり、それも全く同じだったなと思います。それにはご利益があって、それを得るためのものでした。それは純粋に真理の探究ではなかった。

しかし、今は、全くそこにはいないです。与えてもらうのではなく、自分で生み出すところへシフトしたからだと思います。本当にざっくり言ってしまえば、自分をどの領域におくか(ミームを上げる)ということだけです。ここまで来た、ということです。そしてまだ先があります。

このように、人の精神性が成長するには、段階があります。段階を領域、ミームと言ってもいいと思います。天国言葉を言い続ける、ひきよせ、儀式的ワーク、パワースポット巡り、パワーグッズ、本物の覚醒者、特別な力をもつ教祖への信頼と依存、権威のある先生、占い、スピリチュアルリーディング、エネルギーワーク、などなど、誰かに、何かに、どこかに、自分の変容(と言ってもパターンが思うようになること)を託すことが必要な段階もあります(私もさんざんやりました)そして、そこには担当分野を担っている人達がいて、出会います(このあたりもセッティング)それでも、すっきりとすることはありませんでした。ということは、選んでいるものが(選んでいる領域が)違うということです。

そして、この「すっきりすることがない」という体験こそが次の領域へ自分を動かすものになっていきます。

真理への探究は、パターンが楽になることを目指しているのではなく、より、真実に近づいていくことを目指すことになります。そして、真実に近づけば近づくほど、人は幸せに、心やすらかになっていきます。ということは・・・・・その在り方は天が認めている在り方であるということです。

今日はこのショックで・・・・
2021/09/27

「大相撲秋場所」が終わりました。そして、私の大相撲をTVで見ながら洗濯物をたたむひととき…も終わりました。この特別なひとときが毎回楽しみです。

その大相撲の解説者として、北の富士勝昭さんが毎回出ていらっしゃいます。連日ではありませんが、初日と千秋楽には必ず。この北の富士さんの解説も毎回楽しんでいます。歯に衣着せぬ、ストレートな解説、感想。そしてときには辛辣なコメントもありますが、それもなんだかおもしろい。

今回も、もうひとりの解説者の舞の海秀平さんが、ある力士の弱い取り組みについて「このように期待を裏切られても、この力士にはまた期待してしまうんですよね」というと北の富士さんは「私は期待しないですよ、金輪際、期待はしない」と言い切っていました。

北の富士さんの辛口コメントのフォローに走るアナウンサーの焦りが感じられます。「まあまあそうおっしゃらずに…」的な言葉を返すのですが、心臓がばくばくしているんだろうなあと思います。

ちょっと周りは迷惑かもしれないけれど、あのキャラだからOKか、とか、あれがあの人の個性だから、まあ、しょうがないか、とか。そういうものを周りの人に感じさせてしまうような人が私は結構好きです。

「私は期待しないですよ、金輪際、期待はしない」と言い切った北の富士さんでしたがそのあとに「強くなってもらいたいんですよ」というようなこともおっしゃっていました。ご自分が大変な苦労をされてきたからこそ、若い力士の人達を見捨てたくない。自分もそうだったように、どの力士も相撲が好きで、上を目指しているわけだから。その心をつぶしてしまうことがないように、時に厳しく、時にユーモアを持って、時に表面的ではない心からの誉め言葉で、力士たちに激をとばしているのだろうと思いました。次回は11月。またお元気に解説していただきたいです。そして洗濯物をたたむ至福の時間をまた待っています。

・・・・・と、ここまで書いてきたところで、今朝、とてもショックなことが。『横綱白鵬引退へ』右ひざが限界なのだそうです。「そうかあーーーー、引退かあーーーー、そうかあーーー、引退かあーーー、そーかー」としばし呆然。横綱白鵬が大好きでした。いろんなことを言われていても、数々のバッシングがあっても大好きでした。これから、もう、あの姿を土俵上で見られないことがさびしいです。今日はこのショックで1日をすごします。

タブー的黒パターン
2021/09/26

自分の中に在るどんな黒パターンも無視せず、大事にしてあげよう!

それが例えば「あの人さえいなくなればいいのに」でも「あの人が不幸になればいいのに」でも「あの人に嫌なことが起こればいいのに」でも・・・・・です。そして「死んでしまいたい」もです。特にこの「死んでしまいたい」ということを口にしようものなら必ずと言っていいほど「生きたくても生きられない人がいるんだよ」と言われます。そこには、だからそういう人たちのことを考えろ、そういう人たちに申し訳ないと思わないか、ということが含まれています。いや、そういうことじゃなくて…。そういう思いが出ることもあるでしょう?人って、ということです。

そういう一般的には、タブーとされている文言を持つ黒パターンも(そうであるからこそ)「私」が大事にしてあげましょう。

そういうタブー的黒パターンに対して、それを責める黒パターンも同時に出てくると思います。「そんなことを思ってはいけない」「そんなレベルの低い自分でいたくない」「自分はそんなダメな人間じゃない」「自分はなんてひどい人間なんだ」「自分は最低だ」それらが出て来たとしても、それは置いといて(後からケアするとして)まずはタブー的黒パターンの救済です。やっと出てきてくれたんです。だから絶対にスルーしないようにしてあげてください。

彼らにこそ真正面から向き合ってあげてください。パターンの言い分をよく聴き、その感情を受け止め、「私」はあなたの味方であり、あなたがどんな状態であろうと、あなたを守る、決してひとりにしない、と言ってあげてください。

こうしてまるっと自分の全てを光の元にさらすこと、その行為そのものが、貴いことだと思います。自分の内に、隠すべきこと、卑しいもの、恥ずべきもの、なんてないんです。ただ、他の黒パターンがそう決めて、責め立てるだけであり、そのパターン自体も必死なんです。だから次には、そういうパターンたちにも向き合っていってあげてください。

愛の人になるというのはこういうことです。どれだけ自分の全てを理解し、許せるかということです。しかしそれは「私」の理解であり、「私」の許しなので、黒パターンにそれをやらせないようにしてください。このあたりの微細なところは、きっと、感じられていると思います。このことがとても大事です。その自分の感覚を信じていくということです。

<これは、自分の中の誰なのか?>という見極め。それも一般的な常識で見極めるのではなく、他人を主体にして見極めるのではなく、自分である「私」が見極めます。この道をはずれなければ、きっとやっていかれる。

笑われる
2021/09/24

今日もリュックネタ。局の先輩からいただいたオレンジ色のリュック。すごく気に入り、今日は前かけ、今日は後かけと使いわけも上手になりました。

ある日の朝、出社のため、いつも通りに駅に向かって歩いていくと、目の前に中学生くらいの子供たちが列をつくって歩いていました。それこそ、リュックを背負っていて、たぶん、遠足なのだと思います。2列縦隊が細い道をしめていました。

どのくらいの人数かはわかりませんでしたが、この列の後を、このペースでついていけば、完全に電車に乗り遅れると、焦りました。そこで、列を追い越すようにして、前に進みながら、車が来たら中学生列に紛れ込み、また列を離れ、道の中央へ出て、小走りで前へ進む、これでいくことにしました。

車が来るたびに、列に紛れ込むように中学生に寄るので、ちょっと驚かせてしまうようで申し訳なかったでしたが、そのときには「ごめんね」「済みませーーん」と言いながら、遂行していきました。

よし、この調子でいけばもうすぐ列を超えられると思ったときでした。先頭を歩いていた男性の先生が、急に後ろを振り返りました。そして、ちょうど紛れていた列から小走りに出ていった私に向かって、先生が「そこ、出ない、出ない、ちゃんと列に戻りなさい」と言いました。

≪え?私ですか?‥‥≫まわりの生徒たちは大爆笑し、私も恥ずかしさと、中学生にしか見えない自分を情けなく思い、苦笑い。≪あっ、生徒じゃないんだ≫と気づいた先生は、平謝りで私を先に行かしてくれました。おかげさまで、電車には無事乗れましたが、あーーあ、私はきっとあの学校中での笑い者になるんだろうなあと思いました。

で、局に着き、こんなことがありました、と先輩に話すと、大うけされ、その日のうちに皆が知ることとなります。「何?何?ようこ、中学生に間違えられたんだって?リュックがまずかったかあ?」「そこ、出ない、出ない、って言われたんだって?笑えるーーー」と。それは番組のメインキャスターの人にまで伝わっていて「聞いたよ、リュック背負っていて中学生に間違えられて、注意されたんだって?これ、ギャグだよ」と笑われ、ご丁寧にそばにいたその方のマネージャーさんにも詳しく話をしていました。

あーーあ、しばらくここでもいじられるんだろうなあと思いました…が…そこは放送業界、どんどん新しい情報が入ってくるのでその日のうちにおわりました。

身長150p、当時は童顔で、ジーンズにTシャツで、リュックじゃ、まあ、仕方ないか、とも思います。リュックというと、真っ先にこのことを思い出します。これからもリュックは持ち続けていくと思います。

リュック
2021/09/23

今や、とても普通に使われている「リュック」。

会社員の方も、学生も、高齢な方も男女問わず、バッグではなく、リュックを持っている人を多く見かけます。

私が初めてリュックを持ったのは、22歳の頃でした。当時はまだリュックを使うのは、遠足に行く子供くらいで、大人でリュックを使っている人は、登山をやっている人くらいだったのでは?

それは、ラジオ局にいたころで、そこの洋楽班の男性がアメリカ出張し、そのおみやげにと若い面々にリュックを買ってきてくれたのです。新しいモノ好き、流行のものをいち早く手にいれたいという、おしゃれに敏感なその人がひとりひとりにリュックを渡してくれました。私はきれいなオレンジ色のものをもらいました。

しかし「なぜリュック?」と戸惑う人もいたりして。「これは、リュックじゃないんだよ、バックパックっていって、むこうではすごく流行っていて、これから日本も絶対流行るぜ」と「?」という顔をしている私たちに説明をしてくれました。

で、局内の若い人達は翌日からそれぞれのリュックを背負って出社です。年配のプロデューサーには「遠足か?」とからかわれました。

しかし、これが今まで感じたことがないくらい便利なものでした。なんせ両手があいている。背負ってしまうことで重いものもそれほど重さを感じずにいられる。今迄は大きなバッグにいろんなものを入れて、肩にかけ、そのほかにも袋を持ち、だったのですから、快適でした。雨の日も、リュックであれば、傘をさすのもすごく楽。濡れてもぱぱっとふけるし、何より丈夫です。こうしてだんだんとリュックの虜になっていったのでした。

そして、そのうちに、たまたま前にリュックをかけたら、これがなんと、もっと便利であることに気づきました。リュックを前かけで出社して笑われながらも、外に出る仕事の時には「あれ出して」「これ出して」と言う先輩の指示にも、前にあるリュックからささっと出せる、一目で何が入っているかわかる、体の安定もいい、と、前にリュックをかけることがほとんどになりました。

そのせいか、2度ほど、近所の大使館前で職務質問をうけました(これはリュック派の局内のほとんどの人がそうだったよう)中に何が入っているのか、見せてほしいということで、たくさん入っているテープを見せたことがありました。

そのリュックが今や普通になり、多くの人たちに快適さを与えています。

そして、すごくびっくりしたのは、今、リュックを前にかけている人がたくさんいることです。これって…いつからだったのですか?今の流行ですか?ほぼ、引きこもり状態の私には、この光景は衝撃でした。

以前は笑われていたそれが今は普通になっている。本当にわからないものだと思いました。

お墓参り
2021/09/22

きのうは、母方のお墓へお参りにいきました。

父方のお墓へはお参りをしているのに、ずっと母方のお墓へ行っていなくて、このお彼岸には行こうと決めていました。

フレンドリーなご住職にも、大変ご無沙汰してしまい、久しぶりにご挨拶をしました。お墓をきれいに整え、お花を入れて、お線香をあげて、手をあわせました。

すると、離れたところから「おい、ようこぉーー」と誰かが呼んでいるので見ると、茅ヶ崎に住んでいる叔父でした。偶然にも叔父もお参りに。私が叔父に向かって大きく手を振っているのを叔父のそばでご住職が見ていて「あははははあーーー」と大きな声で笑いました。

叔父の声がけがあり、私が手を振り、ご住職が大声で笑う…このひとコマの中に、私が育った環境が、私をつくった環境がある、と思いました。屈託のない叔父、元気なご住職、親しみやすい人たち。そういう人たちに囲まれて私は育ったと思いました。

母方の祖父、祖母、叔父たち、その家族の周りにいた人々。近所の人々。それは、いわゆる下町の人達で、その人たちの哲学というか、個性というか、そういうものをたくさんあびて私は育ったと思ったんです。人と人の関わりが深いこの土地で。

帰りは上野まで行って、公園を散歩し、ますますそれを感じた日でした。なんだか、ずっと忘れていたものを思い出したような気分です。これからは父方も母方も同じようにお参りしていこうと思いました。

父方のお墓へお参りに行ったときには、すがすがしく、清らかな気持ちになるのですが、母方のお墓へのお参りは、なつかしさと、楽しさを感じました。両方とも私には大事なもので、両方ともが自分の中にはあるとも思いました。

お墓参りとは、そういう、自分の先祖たちの個性を感じて、自分をまた知ることにもなるものなのかもしれません。本当に行ってよかったでした。

それをみつける
2021/09/20

昔、ある人から「あなたは、思考型の人ですね。神さえも思考で捉えている」と言われたことがありました。

そのときにはなんのことだか全くわかりませんでした。しかしここまできて、あの頃は、言われたとおり、神ってこういうものだろうと思考していたんだとわかります。

その後は、神って思考で捉えるものではなく感じるものなんだと思いました。よく神社とか仏閣にいくと「ピリピリ感じる」とか「波を感じる」とか「風が流れてくる」とか(時には見えるとか)と言う人たちを見ていて、あんなふうに感じられて神を知るのかと思いました。自分でも一生懸命その感覚を味わおうとしてみました…が…だめでした。

そんなときに思うのがまだまだの魂だから感じられないんだろう、ということでした。もっと高い魂の自分にならないと神は感じられないんだと思っていました。高い魂の自分になるために、これはやってはいけない、これはやるべきである、こんなことを思うべきではない、こんなことを言ってはいけない、もっと瞑想をしなくてはいけない、神とつながる言葉を口にしなくてはいけない、体に良いものだけを食べてオーラをきれいにしなくてはならない、パワースポットにも行かなくてはいけない、そして、本物の先生につくことが必要だと思っていました。

今思えば、これ、全部黒パターンでした。そもそも、なぜ、神を感じたいのか?という元のところはすっかり見落としていました。

そして、自分に向き合うことを続けていくうちに、いつのころからか、日常の生活の中に神をみつけることが起きてきました。それはごくごく小さなことでした。

お母さんと子供が手をつないで話ながら歩いている姿や、電車の中で恥ずかしそうにお年寄りに席をゆずっている中学生の男の子の姿や、本を真剣に読んでいる人の姿や、楽しそうに連れだって歩いている女の子たちの姿や、お年よりの手をひいて歩いている私くらいの年齢の人の姿や、散歩をよろこんでいる犬の姿や、のんびり寝ている猫の姿や、大空を飛ぶとんびの姿や、美しい自然の姿や…。そういうものの中に神がいることを感じてから、神は自分でみつけるものなんだということを知りました。全てのものに神は宿っていて、自己主張することなく、普通に存在しています。だから皆生きられている。

その人の中のそれをみつける、その物の中のそれをみつける、出来事の中のそれをみつける、言葉の中のそれをみつける、そういうことだったんだ、と今の私は思います。これから先、また自分の成長にともなって神を違うようにとらえるようになるかもしれませんが、今のままでも十分だなと思っています。

大切なことは体験するということ
2021/09/19

気を付けていること、と、悲観的であることは違います。気を付けていることは、常に自分を見ていることですが、悲観的であることは、常に物事を悲観的に受け入れていくことです。そして、それはやはりその結果になります。そしてまたまた悲観していく。自分自身に。自分の人生に。生きることに。

又、反省と自責も違います。反省はそれについてのみをふりかえり、次は気をつけよう、というものですが、自責は、ミスをした自分をだめだ、と責めるものなので、このクセがあるとこれも自分を痛めつけていくことになります。

人への共感と同調も違います。共感は今目の前にいる人を一切否定せずに向き合うことであり、同調は相手の黒パターンを満たすことになります。しかし、ほとんどの人が同調が好きで、それを求めています。だからカウンセリングにおいては特に、同調をしてはいけないことになります…が…同調するカウンセラーが多いです。

ぼーーーっとしていることとリラックスしていることも違います。ぼーーーっとしていることは自分を誤魔化していたり、相手から切り込まれることはないので保身できたりします。リラックスは(多分、最大のリラックスは神と自分だけしかいない状態だと思う)繊細であり、センサーもよく働き、だから、安定していられる状態だと思います。

などなど・・・まだまだ、たくさんありますね。似ているけど違うって。で、大切なことは、これらを知識として入れておくんじゃなくて、実際体験していくということです。悲観も、自責も、同調も、ぼーーーー、も、やってはいけないことなのではなく、誰でも、まずは無意識でやることなので、それを体験し、そこからそれへの結果を受け取り、また自分で考えてみるということだと思うんです。

そうやって体験を通して自分のものにしていくということが豊かになっていくということだと思います。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -