ponta日記

・主婦カウンセラーの日常・・・は?

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

夢について
2022/05/10

いまでもあの夢のことを思い出すと、気持ちが沈みます。

私はほとんどニュースを見ません。それでも、今世界で起きていることに影響されてそういう夢を見たのではないだろうか、と考えましたが、父の命日だったというところもひっかかります。父が私に言いたいことがあるのではないか、と。

で、ふと(考えると言っていますが、私はこのふとということがほとんどです)「他を思え」と言われている気がしました。

私が夢の中でリアルに感じた恐怖と不安、挫折感、理不尽さ、後悔や無念さ。こういう気持ちをもっともっと現実として、毎日押しつけられている人達が世界中にはたくさんいるんだということです。そして、それがいつ終わるのかもわからない。「そのことを忘れてはいけない」と言われたような気がしました。

日本は平和ボケしているといわれるくらい平和です(とりあえず)どうしてもそこに慣れてしまうと、普通に暮らしていることがあたりまえすぎて、もっとこうだったらいい、もっとこれが欲しいとますます生きることにボケてしまいます。生きることで最も大事な視点がボケてしまうのです。

でも、今日1日を生きられるどうかもわからず、家族がどんなことになっているのかもわからず毎日を過ごしている人たちがたくさんいます。特に乳幼児や小さな子供たちを持つ親は、その子たちに何を与えてあげられるのか、子どもたちに未来はあるのか、悲嘆にくれていると思います。

そういう人の気持ちを、どこかで忘れていたと気づきました。毎日その人たちと同じように苦しまなくてはいけないということではありませんが、実際にそう苦しんでいる人たちが大勢いることを、私が呼吸しているように、その人たちも呼吸をしていることを忘れてはいけないと思いました。

その人たちが普通に生活ができるように、紛争が全て終わることを祈ります。

そしてもうひとつは「危機感をもて」ということだと思いました。心をおだやかに、平和に、美しく生きることは大切なことだし、本来人はそのように創られています(人は神の子としての「私」をもちそれとして生きることができるから)もし、ほとんどの人がそこで生きている場合は、もう、自分と自分の家族を超えて、人類として生きることが世界中に現れてくると思います。

しかし、今は全員がそこにいるわけではなく、圧倒的に黒パターンの世界で皆が生きています。だから間違いは世界中で容易に起こると言われています。そういう中で生きるためには「危機感を持つ」ことは大切です。

ただ、危機感とは毎日びくびくと自分を小さくして生きることではなく、できるだけお金や物質をため込むことでもなく、それについての多くの情報で自分をかためることでもなく、自分だけ助かればいいと行動することでもありません。

危機感とは、それもありうるだろうという視点をもつことです。それを持って心を備えておくということです。いたずらに怖がることではなく。多分、父はこの2点を私に持つようにいいたかったのだろうと私としては思いました。

・・・・・というところで納得し、こうして日々暮らせることにますます感謝していきたくなりました。この、普通に生きられることが世界中の人々に訪れますように。

夢を見た
2022/05/09

先月の父の命日の日に夢をみました。

その夢がとてもとてもつらいもので、その後、5日間ほど落ち込みました。夢の内容は…ある日、今住んでいる部屋に、大きな白人男性の兵士が4人ほど土足で上がり込んできました。武装していて銃をかまえています。後ろには1人の大柄な女性の兵士がいて、その人が日本語を話せるようで、私とトミーに向かって「日本はすでに侵略されたので、今から他の所へ全員移ってもらいます」と言いました。今すぐに、指定されたバスに乗るように、と。

部屋の窓から下を見ると、バスに次々と乗り込んでいく人の列があちこちに見えます。私が何を持っていったらわからないと言ったら「バスはぎゅうぎゅうの状態で全員を運ぶので荷物は一切持てない」と言われました。

こうして、トミーと私は連行されていきました。バスには男女別々に乗るよう指示されて、そのときに、もう、トミーと会うことはないと理解しました。そして、もう、生きてここへ帰ってくることもないこともわかりました。日本中がそうなっていて、もう、日本人が逃げる場所はないのだということもわかりました。

バスに乗ると妹がいて、再会できたことの安心感はありましたがこれからどこへ連れていかれて私たちはどうなるのか全くわからず、とても怖く、不安でした。

バスの窓から外をみると、近所の店の主である男性が、家族と一緒に店の中にいるのが見えます。その男性に向かって「なぜおまえの家族だけはバスにのらなくてもいいんだ?」と誰かが叫ぶと「悪いけど…俺と俺の家族はこの地域の人達の仕事や収入についての情報を渡すことで守ってやると言われたので、そうさせてもらった。こうやって自分を守ることをしたんだ」と言いました。それを見聞きして、どの時代にもこういう人がいるんだと思いました。そして、こういうことが本当に怖いことかもしれないと思いました。

こうしてバスが出発します。今までの見慣れた風景をもう、これが最後だと思いながら見つめました。・・・・というおもーーーーーい内容ですみません。

さて、これで目が覚めたのですが、一瞬、私は今どこにいるのだろうか?と思ってしまうほど、そのリアルさにやられていました。とにかく夢の中で感じた、恐怖と不安。絶望感。そしてこうやって生活が簡単に壊されてしまう理不尽さ。今までの普通の生活が実はどんなにありがたいものであったのかという後悔や無念さ。それが心にささり、5日間、気持ちが沈みました。

一体この夢は何だったのか…その後も考えてみました。ひとつわかっているのは、私は夢で未来を見る、という能力は全くないので、これがこれから起きることである、ということではないということです。しかし、メンタルにこんなにも打撃を与えたこの夢のことは自分として納得できるところまで探していきたいと思いました。続く。

映画のゴーストって知っている?
2022/05/08

「あんた、映画のゴーストって知っている?あれまんざら嘘でもないのよね」・・・・・と、知り合いの亡くなった女性がお化けになって現れてそう言った。

・・・・って私にではない。誰に言ったのかというと、オペラ歌手である森公美子さんにだ。

今日の動画は、そんな森公美子さんの体験動画です。私はこの動画を見て笑いました。お化けが出るのに?怖くはないの?…怖くはなかったです。

アニメだし、あの豪快な森公美子さんだからかもしれません。そして、森公美子さんの友人の方もまた、いい感じの方だからかもしれません。お化けと森公美子さんとのごくごく普通の会話がおもしろいです。

森公美子さんは、その後のインタビューで、何度も「私の夢なのかもしれませんが…」とおっしゃっていて、どう見ても夢じゃないだろうと思いますが、そこはご自分でもセーブしつつのお話です。

お化け系は絶対ダメという方は見ないでください。

https://www.youtube.com/watch?v=P5WdWMduvrk

エバーフレッシュ
2022/05/07

エバーフレッシュという観葉植物を買いました(小さなものですが)涼し気なグリーンの葉がいい感じで、特にこれからの時季はぴったりな気がしました。

エバーフレッシュは夜になると開いていた葉をとじます。それがまた可愛らしく毎晩「寝てる、寝てる、ふふふふ・・・可愛い」などと言って見ていました。

しかし、ある日、エバーフレッシュの鉢を置いている床がべたべたしていることに気づきました。蜜状のものがべとっとついていました。この手のことがすごく嫌な私はすぐにネット検索。すると、エバーフレッシュにはカイガラムシがつきやすく、そのカイガラムシの排泄物は糖度が高く、それがべたべたするとありました。

これは根絶せねば、とカイガラムシがどんなものなのかをまたまた検索。気持ちの悪い画像を見て、それに似たものが枝についていないか、老眼鏡+虫メガネでよーく見てみると、いました。鎧をかぶったようなロウ状のようなムシがくっついています。一匹一匹をはがしてとりました(お食事中でしたらすみません)

これを続けること2週間。徹底的にとるぞ、と決めて毎日見張り続けました。おかげでカイガラムシを見ることはなくなりました。

しかし、ある日、また鉢のまわりの床がべたべたしていることに気がつきました。しかし、カイガラムシは1匹もいないんです。そこでまた検索。すると「観葉植物の中には、蜜腺と呼ばれる部分からネバネバした分泌液が湧出する種類があります」とありました。なんでも、最近の研究では、甘い蜜に集まってきたアリに、葉に付着した害虫や卵を持ち帰ってもらうためとする文献も発表されているのだそう(…よくできています)。

そこで、よーーく葉の中心を見てみると小さな水滴が並んでいるのが見えました。さわってみるとべたべたしています。これが原因か。

ある方の植物ブログで、そんなエバーフレッシュの蜜腺を見つけて、健気に生きているエバーフレッシュに愛おしさを感じたと書いているのを読んで、私にはどうみてもそれは愛おしさには感じられないと思いました。

カイガラムシでも蜜腺でもべたべたするものは嫌で、あんなに「寝てる…可愛い」と言っていたのに一気に熱がさめました(薄情な私を赦してくれ!)私のような人がエバーフレッシュを持ってはいけないと思いました。

それ以来、エバーフレッシュはベランダに出しています・・が・・そうなってからのほうが元気です。新芽まで出たりしていて。部屋の中に置かれ、私に、毎日毎日見張られるようにして生きていたのが窮屈でイヤだったのかもしれません。今はうるさい私もいなくて、のびのびといられて気が楽なのかもしれません。…お互いにとって良かったんだ…と植物愛の薄い自分を正当化しながらいます。

評価指標
2022/05/06

先日見つけた動画です。https://www.youtube.com/watch?v=5um-qY7dRwE

成田悠輔さん。データを活用したビジネス・政策・教育を専門とする方だそうで。初めて知ったのですが、…おもしろい。こういう方が教育の分野に出てきたのか…と。子供を教育する、育てる大人に考えてもらいたい動画です。

特に「人間が抱えている不幸や不満足のうちかなりの部分が間違った評価指標を自分の心にすりこみすぎたことによって生まれていると思う」と話されています「そこからいかに抜けるかだ」と、話され、そこから「抜ける」ことはとても共感します。

本当にそう、そうやってパターンのひとつである評価指標を皆すりこまれ、自分でもすりこんでいるから、そこに達していない自分に対して不満足であり、それではだめだと思い、自分は不幸であると思うわけです。又、社会全般もここのところで人を評価するので、それが低い人は、負け組の不要な人だと判断されます。

その評価指標にふさわしい人間になるために、そこでより上にいかれるようにと子供を育てるというかつての(昭和の時代の)価値観が今も歴然とあります。そしてそれが普通のことだと疑うことなく行われている。

そこに待ったをかけた成田悠輔さん。きのうの侍に通じるところもあり、より共感しました。

しかし、これは学校で教えることができないので、民間のところから草の根運動的に広げるしかないと言っています。今でしたらオンライン、昔は、〇〇塾、寺小屋だった…と。(サムライ・ヨウコはこのまま寺小屋スタイルでいきます)時代はどんどん動いています。そして、そこに沿った新な視点を持った大人たちも出てきていて、なんか、わくわくします。あらゆる分野にこのような方が出てきてくれるといい。

お時間のあるときによろしければご覧ください。

2022/05/05

先日、TVで「ラスト・サムライ」を見ました。(2003年制作 アメリカ)

当時、何度か観にいったくらい好きな映画だったので、先日またみてみました。で、見終わって、なんだか自分を見ているような気持ちになりました。当時は全くそう思わなかったのに。あれから時がたち、あのときの自分ではない今の自分が見て、そう感じたのでしょう。

まず、思い出したのは私はよく「武士の様な人、侍の様な人」と言われることです。自分でもなんとなくわかる気がしてはいましたが、先日は、見ていて…自分だな…と思いました。

もちろん、私は剣の達人ではないし、忠義というところで生きているわけでもないのですが(しかし、天への忠義は持ち続けたい)映画の中の侍たちは最も自分が大事にしているものに忠実に生きていて、それは目先の損得や、自分の生活が安全か危険かというところからは大きくかけはなれたところのもので、ときには、その身を大事にしているもののためにささげる覚悟も持っています。それでありながら、たんたんと自分がやるべきことを日々行い、心は静寂とともにある。私にはそこまでのたいした覚悟はないにしても、自分が大事にしているものに忠実に生きることは、感銘を覚えるし、共感ができるし、そうありたいです。

映画では、明治維新後、そんな侍の時代は、もう古いものとして扱われ、迫害を受けるのですが、侍という形ではなく、そこに流れる、自分が大事にしているものに忠実に生きる、は、今のこの現代にも通用する、いや、今こそそれを使ってみることもいいのではないかと思うんです。古いものは過去の無用なものなのではなく、そこを生きた人たちの在り方という魂が宿っているのだと思います。

そこにマッチするサムライ・ヨウコ。たぶん、過去世で決して譲ることのできない、正義を生き抜き、死んでいった、本人にとって満足した体験をした侍人生があったのでしょう。

このように、以前にはわからなかったこと、気付かなったことが時を経てわかる、気づくということは誰にでもあります。私はそれこそが人の意識の成長だと思っています。以前、見ていたものを、知っていたものごとをより深く、自分用に受け取れるようになっていること。それは喜ばしいことであり、成長の証です。

このような気づきは、以前の私は間違っていたとか浅はかだったとか、パターンが言うかもしれませんが、それは違います。その時その時の気付き、知ることが重要で、必要なのです。意識の成長とはそういうものです。どうしても、今までの成長という意味づけで、右肩上がりで上がっていくものと思いがちですが、領域が変われば、成長の意味は変わり、質も、やり方も変わります。こうして新しいものを得ていくわけです。

道場での現実化
2022/05/04

先日、現実化って…ということを書きました。もしかしたら、現実化って今の自分の周りの状況が変わることだと思っている方が多いのだろうかと思いました。スピ系でよく言われている、自分がよい気持ちでいれば、自分がポジティブな気持ちをいつも選んでいたら、もしくはこのやり方をしていたら、なんと嫌だと思っていた職場で自分が認められ、嫌ではなくなった、とか、恋人ができた、結婚できた、とか、お金が急に入った、とか。

これらはとてもわかりやすく自分の状況が変わったといえます(他人の目にも)こういうことが現実化っていうことだろうと思っている、という人が多いだろうと。

それはそれでひとつです。というか、そういうひとつの領域です。良い悪いではなく。しかし、ここだけに生きてしまったら、もう、自分が成長しようとは思わないと思います(成長なんかしなくていいんですよ、という考え方もありますが)嫌なことがあったら、うまくいかなくなったら、もっとお金が欲しければ、もっとより良い気分で生きればいいんだというところです。

それに対して道場としては、嫌だと思っている職場はなぜそう思うのか、認められたら嫌でなくなるのはなぜなのか、恋人がいない、結婚していないのは何故嫌なのか、お金が入るとどうしていいのか?〜あなたにとって職場って?働くって?認められるって?恋人・結婚って?お金って?というところにまで広げて自分をみていくことをしています。そんな面倒くさいことやっているんですかぁ…とかつて言われたことがありましたが、私はこうして自分も含め、人間に興味を持ち、紐解いていくことが好きなので、それが道場のやり方になっていったのですが。

じゃあ、道場での現実化って?というのは先日日記に書いたことになります。そして、自分の内で新な意識を現実化(具象化)していくことを続けていくうちに、自分の周りの状況が変わるということがやはり起きてきます。でも、何かが奇跡的に変えてくれるのではなく、自分の意思で変えるのですが。

それは先ほどのような状況の変化ではなく、自分の内の意識の変化により、そして、それが固まっていったときに、気づきとともにやってきます。

それまで価値があると思いこんでいたことをもう求めないという決断をしたり、もう、ここにいることはない、とそこを離れたり、もう、自分にはふさわしくない人間関係から降りたり、手放したり、今まではひたすら生活を守ることだけにいた自分に冒険をさせてあげたいと思ったり、あえて怖いと思っていたことにチャレンジしたり、ひとりで生きることへの根拠のない信頼が生まれたり…と誰の目にも見えるようなわかりやすい自分の周りの状況が変わるということではない変わり方を自分の選択でします。

これはその人ならではのものです。その人の作品。そして、前者の自分の周りの状況が変わる、は、そのままでずっとあり続けたいと思うものなのですが(よって手放したくないという緊張と不安がつきもの)ここでのそれはどんどん変容していくことがOKのものです。なぜならば、自分という意識の変化により、柔軟に強く、知恵や覚悟や達観力(新な視点)を自分が育てたからです。そのときの変化し続ける自分という意識が、また何かあったら決めればいいと思えるからです。これこそ財産だと思いませんか?

そうやって何かを手放すまいとして握りしめて生きるのではなく(←これ、すごく疲れるから)今までとは違うものを自分の内に育て、自分で現実を選択し、創る。

ここを担当している「魂の道場」。

それ自体を愛すること
2022/05/03

「自分を大事にしてください」と私は言いますが、自分を大事にするというのは、自分に執着するということではありません。

自分への執着、それは、黒パターンが求める理想の自分になること(ならなくてはいけないとも思っている。今の自分じゃだめだと思っているので)そして黒パターンが満足する生き方をすること。

自分はこんな人間として、こんな仕事をして、こんな生活をして、これぐらい稼げて、毎日健康で、充実感に満たされて、皆に大事にされて、人の役にも立ち、それゆえ他人から必要とされ、家族も仲良く元気で…などなど。そこへ向けて動くことが自分を大事にすることだと思ってしまうとひたすら黒パターンの理想の自分になること、思い通りになるようにとエネルギーをそそぎます。

しかし、これはうまくはいかないです。もし、うまくいっても継続しないし、苦しいです。何故?「私」が望んでいることではないから。←もう、これだけと言っていいくらいです。

だから、それが黒パターンからのものなのかどうかをちゃんと見る必要があります。では、自分を大事にってどういうことですか?それは、自分の内に起きていることのひとつひとつを大事に扱ってあげてください、ということです。いろんな感情が湧くでしょう?感覚として感じられるときもあります。それらをスルーしないで、自分に真摯に向き合ってください、ということです。

最も優先すべき自分の内に、敬意を持ち、丁寧に、誠実に向き合ってください、ということです。なぜならば、そこにしか答えも、成長もないからです。そこに自分が幸せになるための道があるからです。逆に言えば、そこは皆ちゃんと用意されています。

目を外に向けて、あれを習えばいいかも、あれを行えばいいかも、この知識があれば、ここに所属すれば、この先生のそばにいれば…自分のことを大事にできるようになって成長するのではないんです。外のものはしょせん他人が作ったものです。

でも、自分の内には自分だけのオリジナルなものがあるんです。それを大事にしてください。それを育んでください。そうやって自分を大事に扱ってください。自分と同じ人は一人もいないです。自分だけの個性をもち、そういう意味ではオンリーワンの大元に愛されている自分なのだから。

自分の内に向き合っていくことは大変かもしれませんが、その道を継続し、進むための秘訣をシュタイナーが言っています、と、以前おせわになったキリスト教神秘主義の先生が書かれていました。

それは…「真理を探究するプロセス自体を愛する」…そうだなあ…これだけだと思います。そのプロセスを嫌々行っていたり、これをすればきっと望むものが手に入ると結果に依存したり、期待したりではない、それ自体を愛すること、と言っています。では、そのプロセスを愛するとはどういうことか?考えてみてください。

現実化って?
2022/05/02

「黒パターンを選んではいけない」「黒パターンで言動してはいけない」ではないということなんですが。

どういうことか?というと、この『いけない』が違いますよ、ということです。〇〇してはいけない、〇〇しなくてはいけない、こうあってはいけない、こうならなくてはいけない。これって普通に使っていると思います。しかし、この『いけない』が自分を縛り付け、自分を不自由にします(だから何してもいいではもちろんないです)これ自体が黒パターンなので、それは選ばないという選択ができます。

じゃあ、何が必要なのか?それは、ただ『自分(「私」)はどうありたいのか?』なんです。

例えば、Aさんをすごく責める自分のパターンがあり、そのパターンのままに言動をすると、周りの人達にAさんの悪口をいい、自分がどんなにAさんによって苦しめられているかをこれでもか、と言うくらいに言い放ちます。

このときに「Aさんの悪口を言ってはいけない」(…という黒パターン)ではなく、Aさんとの状況の中にある自分が『自分はどうありたいのか?』なんです。

それは、Aさんを愛せる自分になろう、とか、許せる自分になろう、とか、理解しようのマスター級白パターンを選ぶことではなく(それが使える方は使います)又は、どうすればどうにかやり過ごせるか、とか、仕方ないと諦めることでもなく、大丈夫、自分は我慢できる、でもなく『自分はどうありたいのか?』を見る。そして「私」としては、例えば「私は、自分のAさんへの黒パターンのままに言動をする自分ではありたくない」と自分の意思をしっかりと確認することなんです。これが白パターンにもなります。

だとすると、Aさんへの悪口を言い放つということはやめようと思います。そこにはありたい自分の姿が現れています。意識が現実をつくるってこういうことなんです。この、ありたい自分の姿をいつもいつもいつもいつも自分の中に持つ、そして、選択する、そのときに現実化、具象化しているということです。

しかし、このありたい姿は社長になって大儲けしていて、贅沢に生きている自分の姿、という物質的な自分の姿のことではなく、カウンセラーとしてばりばり仕事をしている自分の姿のことではなく、精神性、霊性としてのありたい自分の姿のことです。

しかし、おだやかに微笑み、人に対していつも優しく、人を許し愛している自分という、これも物質的な自分の姿なので、それでもありません。これらが現実化だと思ってしまいやすいですが、そうではないんです。

現実化って、具象化って、目に見えるところの変化ではないんです。その人の「私」が本当に望んでいる、今、このときの自分の心の在り方の姿の現実化、具象化のことであり、それは自分にだけわかればいいものです。周りからは何も変わっていないと見えていていいんです。現実化は「今」です。いつかきっと私はこうなる…という未来でもないです。なぜならば、全てまず、この一瞬の意識からスタートするからです。一瞬の意識の変化がない限り、目に見えるところを変えようとしても無理が生じるし、もし、それを強引に行うことができたとしても、心は苦しいだろうと思います。何故?「私」が望んでいないことだからです。

結局、意識という「私」が本当に望んでいることが、最も美しく現実化、具象化するということです。

なかなかのウィルスかも…
2022/05/01

ながーーーーーーーーい間の日記のお休み、すみませんでした。

そして、お見舞いメールを送ってくださった方々、お電話くださった方々、ありがとうございました。ご心配、ご迷惑をおかけしました。

4月8日に発熱(といっても37度代)してから、いろんな症状が出ました。喉痛(これがすごく痛い)、咳、何を食べても苦い(もう、焼肉も冷麺も、アレッタも、東洋飯店も、天天も、オッジも、おわった…と…このショックが大きかった)、舌のぴりぴり、だるさ、寝てばかりで腰が痛くなる、坐骨神経痛まで出る、埋没している親知らずが痛む、などなど。久しぶりにどっぷりと「病」でした。

しかし、不思議なことに、何を食べても苦いのに、毎食おなかがすいて、ご飯が美味しいと思え、ばくばくと食べるそのひとときがとても楽しみでした。

今は、ほぼ治りました(あのときほどの空腹感はない)が、まだ完治はしていなくて、体内にまだウィルスが同居している感じです。無理のない程度に家事と仕事をしています。

そして……なんだか、自分が変わったと感じています。具体的に何がどのように、というのはこれからわかってくる気がします。気分的には、より何かを捨てた、あきらめた、頭をたれる、自分に、より正直になったような感じです。

今までも病で伏せることはありましたが、今までは「元通り治りました!」だったものが、今回は元通りになることではないんだと思いました。新しい生き方をせざるを得ない感じです。初めてのことなので、戸惑いつつも、今起きているこのことでいいとは思えるので、日々、普通に生活しています。

いわゆる後遺症と言われている症状。それも、日常生活ができないようなものは大変だろうと思いますが、なんか、そこにも、元通りというところではないところで生きることへの試みが与えられているのかもしれません。そういう意味では、なかなかのウィルスかもしれません。

トミーにも聞いてみたら「なんかが変わった気がする」と言っていたので、もしかしたら、そのように感じている感染者の方はけっこういるのかもしれません。

ということで、また日記をゆっくりと再開していきます。さぼりぐせがついてしまっているので、ちょっとさぼることもあるかもしれませんが、また、よろしければ、おつきあいくださいませ。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -